イベント海域攻略

【2019冬イベ】E-2 六〇三作戦 戦力ゲージ2 攻略【乙攻略】

E-2「六〇三作戦」の後半戦、連合艦隊のスタート地点が出現したらいよいよ戦力ゲージ2の攻略開始です!

※本記事は”乙作戦”での攻略を前提に書いています。

海域概要

戦力ゲージ2は連合艦隊での攻略が主流となっていますので、当ブログでも連合艦隊で攻略していきます。

連合艦隊で出撃すると「連合艦隊」のお札が付与されるので、出撃の際は誤出撃に注意が必要です。

マップ情報

Sマスは「レーダー射撃マス」、Qマスは「PT小鬼群」との戦闘マス、Mマスはみんな大好きケツダイソンこと「戦艦棲姫」が2隻登場の戦闘マス、Uマスは戦艦レ級が最大2隻お出ましの戦闘マスと盛りだくさんの道中です。

ボスマスはPマスで、このマスのみ敵編成も連合艦隊となっております。

攻略ルートは主に2パターンありどちらのルートも厳しい戦いが待っているのでじっくりと攻略していく必要があります。

※U-M間、M-P間のルートは要ギミッククリア。

※マップ画像はショートカットギミックをクリアしたマップを使用しております。

攻略編成

攻略は水上打撃部隊によるQILMNPルートでやりました。

条件は第一艦隊に戦艦2隻、重巡2隻、航巡2隻で低速戦艦は使えますが、航空戦艦は不可となっています。

第二艦隊は戦艦を含まない編成でしたらある程度自由に組み込める模様です。

航巡に水戦搭載で制空値を稼ぎつつ長門・陸奥コンビ起用の『一斉射かッ…胸が熱いな!』(以後「ながもんタッチ」)で攻める構図です。

第二艦隊はサブ艦がいる場合は雷巡2隻+阿武隈or由良の方が安定すると思うので画像はあくまで参考程度に留めておいて下さい。(例:重巡1、雷巡2、駆逐2、阿武隈or由良etc…

装備は連撃仕様を基本とし、戦艦・重巡は弾着観測射撃狙いの装備です。

Nマスからの分岐で装備数が少ないとOマスに逸れてしまうので装備忘れに注意です。(甲で7つと確認されているので最低でも7つあれば逸れない)

因みに編成画像の水戦の数ですとゲージ削りの段階だと航空均衡を取れるのですが、ラスダンになると敵編成が変わり航空劣勢になってしまうので瑞雲12型等で足りない分を補填する等対策を取って下さい。

おつてい
おつてい
水戦量産しないと…

戦力ゲージ1のボスの時同様、Pマスのボスにも特効艦が確認されています。

1.9倍神通
1.6倍綾波
1.5倍川内、夕立
1.4倍比叡、霧島、由良、巻雲
1.3倍古鷹、那珂、電、照月
1.2倍潮、夕雲、長波

編成する艦で迷っている場合はこの中から選ぶことをおススメします。

ねこさん
ねこさん
おつていは川内しか使ってないけどな!
おつてい
おつてい
特効艦の事すっかり失念してました…

もうひとつのルート(RTULMNP)について

おつていのように水戦の数が足りない方は軽空母を組み込んだ編成もありますが、道中が厳しいです。

第一艦隊に戦艦4隻(低速艦OK、航空戦艦1隻までOK)軽空母2隻、第二艦隊に重巡1隻・軽巡1隻・雷巡1隻・駆逐3隻(重巡2隻も行ける?)でRTULMNPのルートを通ります。

このルートは鬼門となるマスを2つ経由するところがネックなところで、戦艦レ級のいるUマスと戦艦棲姫2隻がいるMマスの2つがとても厄介です。

戦艦レ級は開幕雷撃こそ打ってはこないもののスナイプ力は健在で、MマスのダイソンさんもUマスで手負いの艦隊をイイ感じに攻めてくるので道中支援がないと突破は厳しいと思います。

参考までに:最短ルートのRUMPルート

ショートカットギミックをすべて解除していると使える最短ルート「RUMPルート」についてです。

空襲戦含む道中3戦でボス戦に挑めるので一見”オイシイルート”に思えるのですが、レ級のUマスにダブルダイソンさんのMマスを回避できないので一長一短かなという印象です。

編成の方は、戦艦2隻、航空戦艦1隻(重巡+航巡)3隻で航空戦艦の枠は、所有しているなら伊勢改二が筆頭になってきます。

彩雲が積めて艦戦も積める伊勢改二が使えると航巡の水戦含めて航空優勢も見えてくるので手持ち次第でギミック解除済みならこのルートもありだと思います。

おつてい
おつてい
おつていはギミック解除済みなので、堀になったらこのルート通ってみようかなと思います。

基地航空隊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本は2部隊とも鬼門のMマスに集中です。

ここの突破でボス撃破は目前といったところまで持っていけるのでなるべくここに集中したいです。

ボスマスでの火力不足や水戦不足による航空劣勢の場合は1部隊回すのも手です。(ボスマスまで行動半径8なので二式大艇などで延長を)

ドロップ情報

ボスマスのPマスで豊富なドロップが見込めます。

大淀」「鹿島」「春日丸」「神威」も魅力ですが、目玉は何と言っても新鑑の「早波」ですね。

早波」はA勝利でもドロップすることが確認されています。

スポンサーリンク


攻略情報

先述のQILMNPルートを通る編成での攻略で話を進めます。

初手のQマスはPT小鬼群との戦闘なので命中重視の第二警戒航行序列(前方警戒)を選びたいところですが「ながもんタッチ」の発動を誘発してしまう恐れがあるので第四警戒航行序列(戦闘隊形)で戦闘しましょう。(「ながもんタッチ」は出撃一回につき発動するのは一回のみ)

Iマスは第四で切り抜けて、Lマス(Nマスも同様)の空襲戦は第三警戒航行序列(輪形陣)で対応です。

問題の鬼門Mマスは基本第四でいいと思いますが、あまりにも突破率が悪いようならここで第二警戒航行序列を選択し「ながもんタッチ」を使ってしまうのも一考です。

ボス情報

ボスは「南方棲鬼」さんです。

ボス戦は敵艦隊も連合艦隊での登場です。

ボス戦ではボスそのものより随伴艦のPT小鬼群含む第二艦隊が壁となってきます。

打ち漏らしが多く夜戦に持っていけない状況も考えられるので、駆逐艦を1隻PT対策に割いてもいいと思います。(水上電探+見張員+小口径主砲)

気になるようなら決戦支援も出すと尚良いですね。

クリア報酬

乙難易度でのクリア報酬は「戦闘糧食x2」と

勲章x1、二式陸上偵察機(熟練)、5inch単装砲 Mk.30改、GFCS Mk.37

です。

どれも貴重な装備なのでロック忘れには注意したいですね。

まとめ

長々と書いてきましたが要点まとめいきます。

要点まとめ

〇総合的にQILMNPルートが安定

〇水戦の数次第で基地航空隊などの立ち回りが変化

〇鬼門はMマスのダブル「戦艦棲姫」さん

〇実はボスはそんなに強くない

ボスマスまでたどり着ければ後はなんとかなります。

道中に事故要素満載なのでしっかりと準備して挑みたいですね。

水戦の数がどうにもならないようならこれを機に作ってしまうことも選択肢にいれてもいいと思います。

いよいよ最後の海域に出撃が可能になりました。

次も複数のゲージからなる海域ですので一つずつ確かめながら攻略していきたいと思います!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です