艦これ知っトク情報

【キラキラ】艦娘たちを戦意高揚状態にしよう!【キラ付け】

艦これをプレイする上で、知っておいて損はないというより知っておかないと大損と言っても過言ではないのがこの戦意高揚(キラキラ)についてです。

特にイベントのボス撃破時などではこのキラキラに頼ることが往々にしてあるので是非とも習得しておきたいです。

今回はそんな戦意高揚(キラキラ)について解説していこうと思います!

おつてい
おつてい
おつていもキラキラしたい!

疲労度ってなに?

疲労度とは別名「コンディション値」(以下、cond値)とも呼ばれ、艦娘の疲労度を表す隠れステータスの1つです。

出撃を繰り返していると疲労度を表すオレンジ色や赤色の顔マークが表示され、逆に戦意高揚状態になると艦娘のまわりがキラキラと輝きます。

艦娘が疲労状態だと戦闘の時に命中率や回避率が低下するなど悪影響が出しまい、逆にキラキラした状態だと命中率、回避率が向上することが確認されています。

またキラキラした状態で遠征に出すと大成功になる確率が上昇し、遠征報酬が1.5倍になります。

おつてい
おつてい
キラキラした状態はメリットしかねぇ!!
【キラキラ】疲労度について知ろう!【赤疲労】 艦これには疲労度という隠れステータスがあります。 火力や回避といったように数値で表されるステータスではないので、艦これを始めた...
スポンサーリンク


艦娘たちをキラキラさせよう!(1-1篇)

では実際に艦娘たちをキラキラさせてみたいと思います。

ポピュラーなのが通常海域の1-1を利用した方法です。

編成例

旗艦にキラ付けしたい艦娘を据え、随伴艦は陣形選択を省略したいので2隻までに抑えます。

随伴艦は低レベルの駆逐艦や、開幕雷撃の打てないレベル10以下の潜水艦が候補になります。

装備ですが、旗艦が駆逐艦や一部の射程が「短」の艦種の場合、射程を「中」以上に変えることができる「GFCS Mk.37」や「SG レーダー(初期型)」などを装備させることができるとベスト。

もし射程を変える装備を所持していなくても随伴艦より火力を高い状態にしておけばそこまで問題ではありません。

それ以外の艦種は通常の海域に出掛けるいつもの装備でOKです。

随伴艦は火力に影響しない缶やタービンを装備させましょう。

1-1でのキラ付けのポイント

この1-1を利用したキラ付けでポイントとなるのが必ず2戦行い2戦連続でMVPを取ることです。

1戦だけして帰投してしまうとキラキラが付与されず、連続でMVPを取れないとうまくcond値を稼げないので「2戦連続でMVPを取る」ということを意識しましょう。

おつてい
おつてい
じゃあ2戦目は夜戦をしたほうがいいのかな?

2戦目で夜戦を行うかどうかのボーダーは大きく分けて

  1. 昼戦の状態でC敗北”以下”で敗北数を増やしたくない時
  2. 随伴艦がMVPを取ってしまいそうな時

の上記2パターンです。

①についてですが、「昼戦C敗北で得られるcond値」と「夜戦に突入してA勝利で得られるcond値」が同じなので、弾薬を消費してまで夜戦に突入する判断材料は「夜戦でS勝利を目指す」か「敗北数を増やしたくない」の2点です。

②ですが、これはシンプルに随伴艦にMVPを取られてしまっては本末転倒なのでそういった場合は夜戦を行いましょう。

やまとちゃん
やまとちゃん
主に2戦目に夜戦を行うかどうかで迷うことになるんじゃないかな~

艦娘たちをキラキラさせよう!(1-5篇)

1-1についでキラ付けスポットとして活用できるのが1-5です。

1-1との違いも含めて見ていきましょう。

編成例

キラ付けさせたい艦に対潜装備満載で旗艦に据えます。

その時に注意したいのが対潜値を100以上にして「先制対潜爆雷攻撃」の条件を満たすことです。

この1-5ではこの「先制対潜爆雷攻撃」を利用したキラ付けを行います。

随伴艦は対潜攻撃可能で消費燃費の安い海防艦あたりが候補でしょうか。

随伴艦を海防艦にする場合は、旗艦の対潜値を上回ることのない程度に対潜装備を積みましょう。

1-1同様、対潜値の高い一部の艦に限りますが射程が「中」だとなお安定したキラ付けができます。

軽巡は一部を除き元々射程が「中」なのでそのままいいのですが、大半の駆逐艦は射程が「短」なので「GFCS Mk.37」や「SG レーダー(初期型)」を併用できるとベストです。

1-1と1-5のキラ付けの違い

もうお気づきかと思いますが1-5でのキラ付け可能なのは対潜攻撃可能な艦だけなので、戦艦や正規空母といった対潜攻撃のできない艦は1-5ではキラ付けできません。

その変わり1-1にはない魅力が1-5にはあります。

  1. 出撃回数の少なさ
  2. 消費資源が少ない
  3. 潜水艦関連の任務の同時消化
  4. 1-1より獲得できる経験値が多い

一つずつ見ていくと、

出撃回数の少なさ

1-1でcond値を「85」まで上げようとすると最低でも3回出撃しないといけません(旗艦MVPを取り、すべてS勝利した場合)が、1-5だと1回の出撃でcond値「85」に到達することが可能です。

1-5は1回出撃すると4回戦闘があり4回MVPと取るチャンスがある為、もし仮に取りこぼしがあっても高い値のcond値で帰ってきてくれます。

消費資源が少ない

1-1は通常戦闘なので1戦すると燃料・弾薬を20%消費します。

対潜戦では燃料のみで8%しか消費しないので1-1より安くでキラ付けができます。

潜水艦関連の任務の同時消化

1-5は潜水艦がたくさん出現することから潜水艦関連の任務の消化に使われる海域の筆頭です。

任務名概要備考
敵潜水艦を制圧せよ!潜水艦6撃沈デイリー任務
海上護衛戦潜水艦15隻撃沈ウィークリー任務
海上輸送路の安全確保に努めよ!1-5ボスにA勝利以上を3回ウィークリー任務
海上護衛強化月間1-5ボスにA勝利以上1を10回マンスリー任務

もちろん、ボスマスまで固定できる関係から「あ号作戦」の消化にも一役買ってくれます。

やまとちゃん
やまとちゃん
1-1や1-5でキラ付けやってると「あ号作戦」ってあっという間に終わるよね!

1-1より獲得できる経験値が多い

1-1は最初に出撃する海域だけあって獲得できる経験値も少ないです。

1-5は1-1よりは獲得経験値が多いので多少は随伴艦のレベル上げも可能です。

1-5でのキラ付けのポイント

1-1の時同様、MVPを取り続けることが最大のポイントです。

うまくことが運ぶと1回の出撃で1-1「3回分」のcond値を稼いでくれるので時間の短縮にもなります。

1つ注意点があるとすれば敵編成が潜水艦だけなので夜戦突入してもまともなダメージが入らないので、昼戦で倒しきれなくても夜戦はしないようにしましょう。

まとめ

1-1、1-5を活用したキラ付けいかがでしたか?ざざっとまとめいきます。

キラ付けまとめ

〇キラ付けしたい艦を旗艦に据える

〇MVPを取れるように装備・随伴艦など調整する

〇夜戦を行う時は昼戦の結果次第で判断(1-1のみ)

〇1-5はキラ付けしやすいが艦種が限定的

1-1も1-5もそれぞれ一長一短な部分があるので、両方をうまく使い分けていきたいですね。

ここぞという時のイベント時やキラ付け遠征をさせたい時など活躍する場面は必ずあるのでこれを期に身に付けておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です